高給与獲得を狙え!職場や職業、働き方…さまざまな面から考察。

看護業界が高給与な理由は

看護業界が高給与なのは残業や夜勤が多いからで、基本給は実はそれほど高くないのが実情です。残業や夜勤が多く、そのたびに特別な手当てが出るので基本給が低くても年収は高くなります。医療施設は準公的施設にあたるので、サービス残業というものがほとんどありません。そのため、時間外労働をすればするほどに給与は伸びていきます。また、ボーナスも支給されるので年収はさらに増加するでしょう。
一般的に月収は30万円前後ですが、これは中小企業のサラリーマンと比較をしてもそれほど高い水準ではありません。しかし、年収で比較をしてみると、一般のサラリーマンの倍を稼ぐ看護師も少なくはないのです。残業や夜勤をフルに入れていけば、月収が30万円前後であっても、年収600万円以上稼ぐことは難しくありません。そして、20代の若手でも頑張ることでこれほどの年収は稼ぐことができます。
これは、メリットにもデメリットにもなります。子育てをしていて残業や夜勤に入れないという看護師は、年収が低くなってしまう可能性が高いのです。多くの時間働かなければ年収が伸びないので、中には無理をする人も出てくるでしょう。長時間労働で疲労が蓄積すると、医療ミスや離職に繋がってしまうこともあります。今後の看護業界においては、この長時間労働をいかにして減らしていくかが議論されなければならないでしょう。このように、大変な仕事になりやすい看護師の高給与事情をより知りたいなら>>[高給与獲得プロジェクト]<<が参考になりますよ。