高給与獲得を狙え!職場や職業、働き方…さまざまな面から考察。

上位資格の助産師を目指す

看護業界内では同じ資格を取得していて、規模も地域も類似した職場で働いていればそれほど給与に差はありません。しかし、少し資格が違うだけで年収に100万円以上の違いが生じることもよくあります。少しでも給与を多く得たいと思うのであれば、資格の取得が優れた手段の1つといえるでしょう。看護師はその中でも恵まれている資格ですが、さらに上位資格を取得することで高給与を目指す人もいます。
産婦人科で働いている看護師が、上位資格の助産師の資格を取得して同じ職場に戻ったり、転職したりして働くケースは少なくありません。資格の取得に時間が必要になるのは否めませんが、それに見合った平均年収の高さがあるため高給与を目指す人にとって魅力があります。仕事内容も、産科の仕事が多くなるのを魅力に感じる人も多いでしょう。
一方、助産師になると正常分娩であれば自分で子供を取り上げられるため、産科のクリニックを開業するケースもあります。異常分娩になると分かった時には近隣の産科を扱う医療施設を紹介すればいいので、産婦人科で活躍する方法として有力候補にできるでしょう。開業して地域の人に認められると、飛躍的に年収が高くなる可能性が高いのも特徴です。そのため、高収入を目指して仕事をする看護師にとって、助産師の資格を取得して経験を積み自分のクリニックを開業するというキャリアパスは魅力が高いでしょう。看護に携わる道から、稼げるようになる方法の代表例です。